雇用形態から自分に合った働き方を考える

転職を考えるなら、一番に決めておきたいのが雇用形態です。

正社員や派遣社員としてフルタイムでバリバリ働くのか、空いた時間を生かしてパートやアルバイトネイリストになるのかで、お店の選び方が大きく変わります。
自由に働きたいなら、美容室やエステサロンなどから、業務委託を受けるという方法もありまよ。

雇用形態について詳しく知っておこう


ネイリストの働き方はサロンの数だけ無数にあります。
自分に合った働き方を知るために、各雇用形態について、詳しくチェックしていきましょう。

<正社員ネイリスト>


正社員ネイリストとは、ネイルサロンを運営している会社の社員となる働き方です。
給料は月給制の場合が多く、賞与や福利厚生などサポートが充実しているでしょう

ネイルサロンによって、正社員の人数は変わります。
全員が正社員というサロンもあれば、数人の正社員が派遣社員やアルバイトを指導しているサロンまで、様々です。

転職する際は、何がなんでも正社員!ではなく、正社員がどんな役目を果たしているかまでを気にして選ぶようにしたいですね

<派遣社員ネイリスト>


派遣型ネイリストは、派遣会社へ登録し、指定されたネイルサロンへ出勤する働き方です。

給料は日給月給制が多く、ネイルサロンではなく派遣会社から支払われます

アルバイトに比べると給与が高く、大手の派遣会社を選べば保険加入も可能です。
派遣先を合わなかった場合、別の職場を紹介してもらうこともできるでしょう。

派遣先の経営悪化や、新規採用なので、派遣社員が必要なくなってしまった場合、突然職場変更となるケースもあります
次のサロンをすぐ紹介してもらえますが、せっかく馴染んだお店と急にバイバイするケースもある、という心の準備だけはしておきましょう。

<パート・アルバイトネイリスト>


パートやアルバイトのネイリストは、決められた時間、時給制で勤務する働き方です。
主婦やOLの副業、ネイルスクールへ通いながらアルバイトをしている方もいるでしょう。

シフトはサロンとの相談になるため、安定した収入が望めないケースもあります
アルバイトから正社員登用を行っているサロンもあるため、お店の雰囲気をチェックしながらゆくゆくは正社員を目指してみるのも良いですね

<業務委託ネイリスト>


業務委託のネイリストは、美容院やエステサロンのネイルスペースで働く個人事業主です。

  • 場所代
  • 材料費
  • 勤務時間
  • 集客方法
  • 予約の受付
  • 売り上げの何パーセントを店へ納めるのか

などの負担割合などを事前に話し合い、基本的に個人で運営していきます。

確定申告などは必要になりますが、自由度がとにかく高いため、
「自宅では開業できない」
「集客は委託先にお願いしたい」
という方にぴったりの方法です。

売り上げがなければ収入がゼロになってしまうため、お客様がオーダーしたくなるサンプル作成やキャンペーン、雰囲気作りなどに力を注ぎましょう

さいごに


自分にぴったりの働き方は見つかりましたか?

雇用形態が決まったら、立地やお店の雰囲気など、絞り込みが楽になります。
ネイリスト求人専門サイトなら、「雇用形態×地域」で簡単に希望のお店が探せますよ。

自分らしい働き方で、ネイリストとして実力を、存分に発揮していきましょう。